スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「襖とスカート」展 

関美穂子さんと梢 夏子さんの「襖とスカート」展が京都の恵文社で開催されます。
(以下ご案内は主催の恵文社様から引用させていただきました)

12/8(火) から12/21(月)
「襖とスカート 」
ジャンル:型染、イラストレーション

出展者:関美穂子、梢夏子

京都在住の型染め家・関美穂子と、日本画の材料を用いて平面の制作から「描く」という事を基本としてテキスタイル、陶器、インスタレーションなどの作品を幅広く制作する梢夏子の二人の展示会です。今回のテーマは「襖」と「スカート」。それぞれ型染めという染色の技法を使って、ある程度量産できるものを作ります。関美穂子の「襖」は黒谷和紙の紙漉き職人・ハタノワタル氏とのコラボレーションで、子ども部屋の襖をイメージ。梢夏子の「スカート」は型染めのテキスタイルを使ってシンプルな形のスカートを展示販売致します。そのほか、布作品はクッション、トートバッグ、巾着、ショールなど。原画をプリントしたラッピング用紙、陶器などの紙モノ、パッケージデザインを手がけた「COFFEA EXLIBRIS」の珈琲豆、トートバックも販売します。
襖とスカート

「2009X'mas Blend」と「ブラジル・サマンバイア」「トートバック」の販売を予定してます。
機会がありましたら是非お立ち寄り下さい。



[2009/11/18 15:55] イベント情報 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。