スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北欧のスペシャルティコーヒー 

今回の旅行は北欧のスペシャルティコーヒー事情を知る良い機会になりました。

カップ・オブ・エクセレンスの入賞豆を至る所で見かけました。カップ・オブ・エクセレンスが最高の品質を保証し、基本的にフェアトレード(認証はないが)な商品である事に売り手は誇りを持っています。
本当に品質の良いコーヒーを理解しているロースターが多く、狭いエリアに密集しています。とりもなおさず高品質のスペシャルティコーヒーの需要が高い事を意味しているように思えました。
老若男女を問わず日に何度もカフェに行きます。非日常的なカフェではなく、生活の中にカフェがあります。本当にコーヒー、カフェが好きな国民です。
コーヒーショップ・カフェではコーヒーは基本的にエスプレッソマシンとコーヒープレスを使っています。品質の良いコーヒーを金属フィルターで抽出するのが常識となっています。

日本に戻り自店を省みて恥ずかしくなる点も多々ありました。それと同時にミケネコ舎で使用しているコーヒー豆の美味しさを再認識しました。日本では数少ないのですが、欧米のロースターと同じように生産国に頻繁に足を運び、買い付け、パートナーシップを築き、素晴らしいスペシャルティコーヒーを届けてくれるロースターの豆を使用しています。カップ・オブ・エクセレンス上位入賞の豆もあります。世界的なコーヒーの基準に照らし合わせてみても最高のコーヒーを、もっともっと多くの人に飲んでいただきたいと決意も新たにしました。

コペンハーゲンは今年の6月に世界バリスタ選手権が開催されますます注目されます。もし北欧を旅する機会がありましたカフェに足を運んで見てください。いろいろな発見とイタリアやシアトルともまた違うスタイルを楽しむ事ができると思います。

余談ですが、帰りの飛行機の中で「日々の泡」(レキュム・デ・ジュール)というフランスの小説を読みました。非常に面白い小説で映画になっていないのかなと思ってましたら、帰国後入ったカフェで岡崎京子のコミック「日々の泡」を見つけました。ああこの人が絵にしていたのかと納得。仙川に同名の「レキュム・デ・ジュール」と言う名前のカフェがありますがとても良いお店です。
[2008/03/05 23:50] 北欧のスペシャルティコーヒー | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。