スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コスタリカ・ブルマス 

お待たせ致しました。毎年好評いただいていますコスタリカのマイクロミル(小さな精製所)の新豆が入荷しました。第一弾はウエストヴァリー地区の「コスタリカ・ブルマス」滑らかで厚みのある質感、ビターチョコのような風味が特徴です。コーヒー豆販売中。
スポンサーサイト

[2009/08/27 20:08] 新着スペシャルティコーヒー | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラジル・ヴィラボア入荷します 

「ブラジル・ヴィラボア」が入荷。サマンバイア農園と同じサント・アントニオ・アンパーロ近郊の農園です。ブラジルの伝統的なナチュラル製法で作られていますが、とても丁寧に作られた結果、味もきれいで、ハチミツやチョコレートに似た甘みとナッツを思わせる風味が出ています。ナチュラル製法の特徴である豊かな量感もお楽しみ下さい。パルプドナチュラル製法のサマンバイアと飲み比べてみるのも面白いと思います。近日中にブラジル製法の違いを扱ったコーヒー教室開催致します。追ってご案内いたします。コーヒー豆販売中
[2009/08/27 19:24] 新着スペシャルティコーヒー | トラックバック(-) | コメント(-)

2008COE(カップ・オブ・エクセレンス)を楽しむ会 

ルワンダ2位とブラジル1位、この2つを同時にご紹介できることはコーヒー屋としてはそうめったにあることではありません。北米、ヨーロッパ、北欧とトップスペシャルティコーヒーを扱うお店を幾つかまわりましたが、やはりこのラインナップはなかなかお目にかかれません。(皆既日食みたいです)
どちらも昨年収穫され、この時期飲めるものとしては最高のロット、コーヒーです。暖かい時から冷めるまで印象がどんどん複雑に変わってゆきます。(うまく観測できるかどうかわかりませんが)一緒に味の変化を追ってみて、このコーヒーの素晴らしさをお伝えできればと思います。合わせて「カップ・オブ・エクセレンス」と呼ばれ、コーヒーの国際品評会としては最も厳格で透明性があり、コーヒーに関わる多くの人々に恩恵をもたらすプログラムについてもお伝えできればと思います。

8月25日最終とご案内致しましたが若干入荷がありますので9月1日までブラジル・ルワンダを使った会で開催致します。1人でも多くの方に味わっていただきたい、お伝えしたいと考えています。どうぞお気軽にご参加下さい。

期日 第4回 8月25日火曜日 午後19:30~21:00 (24日(月)21:00締め切り)     
    第5回 8月29日土曜日 午前10:30~12:00  (27日(木)21:00締め切り)   
    第6回 9月1日火曜日 午後19:30~21:00  (31日(月)21:00締め切り)
    
定員 1~8名 要予約 定員になり次第締め切りとさせていただきます。
受講料 2000円 教材費を含みます。(おみやげ付き)
お申込み先 店頭かメールにて開催日の1日前までにお申込み下さい。

        mikenekosha@gureko.name おおたはら

皆様のご参加お待ちしています。

[2009/08/24 17:40] コーヒー教室 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008ブラジル・カップ・オブ・エクセレンス第1位「カルモデミナス・カケンジ」 

ルワンダに続き素晴らしいブラジルが入荷しました。
2008ブラジル・カップ・オブ・エクセレンス第1位「カルモデミナス・カケンジ」です。
一口目から素晴らしい甘みを感じる事ができます。舌触りの滑らかさを伴ってシロップのようです。
暖かい時にアプリコット、少し冷めてマスカットのような爽やかさ、冷めきっててからはダークチェリーを思わせるフルーツ感、紅茶やベルガモットのニュアンスもあります。奥行きのあるコーヒー感も特徴です。93.65点で見事1位。このコーヒーもカルモデミナス地区の農園です。この年のコンテストでは入賞した(84点以上)23の農園のうち19の農園がカルモデミナス地区でした。カップ・オブ・エクセレンスを通して見出されたブラジル屈指の名産地です。コーヒー豆販売中。
ブラジル・カルモデミナス・カケンジ

[2009/08/11 20:36] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

2008ルワンダ・カップ・オブ・エクセレンス第2位「ルワンダ・ファクコ・ルリンド」 

2008ルワンダ・カップ・オブ・エクセレンス第2位「ファクコ・ルリンド」入荷しました。
このコーヒーにも新しい発見や驚きがあります。

暖かい時にはおそらく柑橘系の甘さとずっしりとした量感を感じます。
少し冷めてマンゴーやチェリーのような風味、もう少し冷めてストロベリー、更に冷めてブラックカラントのような黒っぽい印象もあります。ある瞬間には甘くて濃厚なジャスミンのような花の香を感じます。
冷めても甘く、とってもジューシー。

あわてて飲んでいると何が何だか分からなくなってしまいますが、少し間を空けて、暖かい時から冷めるまでいろいろな時間帯に飲んでみて下さい。いろいろな風味、特徴が入れ替わり立ち代り顔を出します。宝探しをしているような感覚です。初体験の風味特性が幾つかありました。

コンテストでは90.84点で第2位入賞。 コーヒー豆販売しています。

ファクコ
ファクコ・ルリンド2

[2009/08/05 19:58] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。