スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グアテマラ・ニルマ 

「グアテマラ・エル・ボスケ」に替わって「ニルマ」が入荷しました。ニルマさんはグアテマラ・ウェイウェイ地区のアササプネ農協に所属する女性の農園主の名前です。明るい酸味は甘さを伴ってオレンジピールを思わせます。舌触りはミルクチョコレートのよう。味のきれいさもこのコーヒーの特徴です。丁寧に作られたコーヒーなんですね。丸山珈琲の丸山氏が現地に行った際、農協の中でも特に素晴らしかったので他のものと混ぜずに単独で作ってもらったロットです。
スポンサーサイト

[2008/01/24 20:00] 新着スペシャルティコーヒー | トラックバック(-) | コメント(-)

ホンジュラス・モゴラ 

新春入荷第一弾は「ホンジュラス・モゴラ」。2007年ホンジュラス・カップ・オブ・エクセレンス第3位入賞で日本入荷では最高のホンジュラスです。1位は北欧、2位は北米のロースターが落札しています。味のきれいさ、クリーミー・あるいは滑らかな口当たりと、しっかりとしたコーヒー感と、さらりとしたハチミツを思わせる甘みが長く口の中に残るのがこのコーヒーの特徴です。今回は入荷量が僅かなため、お店でお飲みいただく分しかありません。お早めにどうぞ。

あまり品種の事に触れる事はないのですが、今回のコーヒーは「パカマラ」という品種で豆が大きいです。マラゴジベという大きな豆と、「ブルボン種」から派生した「パカス」との交配品種でエルサルバドルなど中米で栽培されることが多いようです。クリーミーな口当たり、甘さで終わる後味、明るい酸味の特性などは「パカマラ」の特徴的な風味特性です。

大きな方がパカマラ、小さな方はグアテマラ・エルボスケです。品種は味を左右する要素の一つですが、コーヒーの場合、ワイン程大きな要素では今のところありません。コーヒーの風味特性は気候、土壌、栽培方法、施肥、収穫、精製など多岐にわたる様々な要素が複雑に関係しています。

01010087.jpg

[2008/01/02 14:59] 新着スペシャルティコーヒー | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。