スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サマンバイア農園のナチュラル 

サマンバイアのナチュラル
続いてサマンバイアのナチュラルです。この写真は青い未成熟の豆も混ざっていますが、果皮のついたまま乾燥させています。フルーツを思わせる風味や甘さ、コクがコーヒー豆に浸透すると考えられています。もっと平均熟度が高く、ちゃんと処理されたものは今回のロットのようなクリーンカップ、甘み、風味特性、コクが前面に出てきます。
スポンサーサイト

[2006/07/26 02:20] 新着スペシャルティコーヒー | トラックバック(-) | コメント(-)

サマンバイア農園のパルプド・ナチュラル 

20060726015755.jpg
これがカップ・オブ・エクセレンスなどの国際コンテストで入賞する確立が高いパルプド・ナチュラルという製法で乾燥している殻のついたコーヒー豆です。茶色くなっているのは粘液質のぬめりのある膜が乾燥してパーチメント(殻)についたもので、この粘液質から甘みなどが殻を通してコーヒー豆に浸透すると考えられています。スペシャルティコーヒーの生産に一般的に用いられる製法です。

[2006/07/26 02:14] イベント情報 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラジル・サマンバイア・ナチュラル入荷しました。 

ブラジル・サマンバイア農園のナチュラルが入荷しました。ナチュラルはブラジルの伝統的な製法で作られたコーヒー豆です。先回のサマンバイアはパルプド・ナチュラルという製法で作られたもので、これは最近のスペシャルティコーヒーの生産で良く用いられる方法です。カップ・オブ・エクセレンス入賞の豆も多くがこの製法です。ナチュラルはコーヒーの果肉がついたままで乾燥させます。そうする事によって、果肉の甘みやいろいろな風味が種であるコーヒーに浸透すると考えられています。ただ、果肉がついたままで乾燥させるので、発酵を伴う悪い風味が出やすいので一般的にはブラジルの国内消費用や他の用途に使われる事が多いようです。例外的に手間隙をかけ、丁寧に生産されたナチュラルは味に汚れがなく、ボディや甘み、フルーツを思わせる風味が前面に出て素晴らしいコーヒーとなります。エスプレッソのブレンドに使っても素晴らしい風味になります。今回のサマンバイア・ナチュラルも味のきれいさ、甘み、ナッツを思わせる風味、ボディが素晴らしいコーヒーで、本当に丁寧になされた処理、生産に関わった人の良い仕事が感じられるコーヒーです。男性に人気があるのではと感じていますが、皆さんお試し下さい。ミルクとの相性も良いです。
[2006/07/18 19:27] 新着スペシャルティコーヒー | トラックバック(-) | コメント(-)

スペシャルティコーヒーの生産 

先ほど日本スペシャルティコーヒー協会の講義から帰ってきました。
とても濃い内容と情報量の多さに圧倒されました。生産国では今コストぎりぎりの所でコーヒーが生産されていて、良いコーヒーを作ってもらうためには生産者コストを含めた全ての経費の算出に基づいた買い付け、生産地に年のうち最低9ヶ月?は通って、カッピングに基づいた問題点の洗い出し、改善を直接おこなわなければ決して良いコーヒーは継続して手に入らない。欧米のロースターはそうした努力を怠らず、現地の状況改善に努力し良いコーヒーを買い付けている。そうした努力をしない日本にはほとんど良いコーヒーが入ってこない・・・(当たり前ですね)等々学びました。少し違う観点から言えば末端の生産者はとても貧しく、その状況を変えなければ良いコーヒーは手に入らないということです。ワインや紅茶に比べて良いコーヒーの対価はまだまだ低いものです。


[2006/07/14 22:15] 新着スペシャルティコーヒー | トラックバック(-) | コメント(-)

夏のブレンド「ヴェルデ」とコスタリカ・カフェティン 

夏のブレンド「ヴェルデ」が入りました。軽井沢の深い夏の緑をイメージして作られたブレンドです。今回はしっかり深煎り。始めやさしい感じですが、時間が経つと深煎り感が増してくる印象のブレンドです。ご家庭ではアイスコーヒーでもお勧めです。

コスタリカ・カフェティンはオレンジ・みかんなど柑橘系、その他様々なフルーツを思わせる風味が特徴の飲みやすいコーヒーです。
[2006/07/13 18:17] 新着スペシャルティコーヒー | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラジル・シティオ・サンジョゼ入荷しました。 

2005年のカップ・オブ・エクセレンス3位入賞のブラジルです。国際審査員は91.54点をつけています。90点以上のコーヒーって実はめったにないんです。是非お試し下さい。ブラジルが3種類となりましたが、どれも飲みやすいコーヒーです。味のきれいさ、甘み、酸の爽やかさに優れています。プラスアルファで各々異なった風味特性が楽しめます。風味特性は土地の特性、微細な気候の特性、栽培状況、収穫など、幾つかの要素が関わり異なってきます。
[2006/07/04 18:09] 新着スペシャルティコーヒー | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。